記事の内容が良かったら「ポチ」をお願い致します。
blogram投票ボタン

体臭、口臭を抑えたい。改善したいと思っている男性の方におすすめの商品があるサイトです。 ↓↓
体臭・口臭改善ショップ>

2010年05月13日

ほぼ半数の人が自分の口臭が気になっている現実!?

みなさん こんばんは。
体臭・口臭改善通販SHOP】店長のいまいです。


皆さんは、自分の口臭や体臭、気になっていますか。あるアンケートによると、ほぼ半数の人が自分の口臭が気になると答えています。


朝起きたときや歯磨きをしてから時間が経ってるときや、緊張してのどがからからになったとき、空腹のときなどには口臭を感じやすいですよね。


ご飯を食べたあと、うっかり歯磨きやうがいを忘れてしまうと、口のなかが不潔になってしまいます。そのため、口のなかの細菌が食べ物のカスや汚れを分解させてガスを発生するため、それが口臭となってあらわれます。

まずは、食後の歯磨きが大切ということですよね。もし、仕事などで時間がなくて歯磨きをできなければ、口臭対策効果のあるガムや飴を食べたり、うがいだけでもしておくと臭いは抑えられます。

唾液がなくなると臭いが発生しやすいので、ガムをかんで唾液を出すようにするのも効果的です。私もよく行ってます。

口臭対策効果のある緑茶を飲むのもいいですよ。消臭、殺菌作用で口のなかがすっきりします。お腹がすいているときには、水を飲むだけでも臭いが抑えられます。


最近は朝食を摂らない人が増えてきているようですが、口臭予防のためにも朝食はしっかりとりましょう。というのも朝食を食べることで、朝から午前の口臭は抑えられるからです。

このほか、歯茎が炎症を起こしていたり、虫歯など口のなかのトラブルがあるときにも口臭が発生しやすくなります。そのような場合は、まず歯科で口のトラブルを解決することが大切となります。

病気でなくとも口臭は発生しやすいので、うまくケアして臭いを抑えるようにしましょう。


口臭が気になる方におすすめのアイテムをご紹介。


ビーオーゼロは、口臭をはじめ、体臭や便臭を改善する自然派サプリメントです。
NPO法人日本サプリメント協会推奨品で、緑茶ポリフェノール、84種もの野菜果物酵素が入っています。
値段据え置きで内容量10%UP(90粒⇒100粒!!)しています。

サプリメントをうまく活用して、口臭や体臭を改善してみてはいかがでしょうか?
悩むよりずっといいですよ。

口臭改善アイテム情報はこちら
ラベル:口臭改善
posted by いまい at 20:25| Comment(24) | TrackBack(0) | 口臭の予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

口臭対策大丈夫ですか?

みなさん こんにちは。
体臭・口臭改善通販SHOP」店長のいまいです。


今日のお話は「口臭」についてです。

自分の口臭がどれくらいなのかは、自分ではなかなかわからないもの。
それだけに、気にしすぎている人も少なくありません。

しかし、本当に気がついていない人もいることはたしかです。

口臭対策は、対人関係のエチケットであるばかりでなく、社会人としての最低マナーでもあります。原因をつきとめて、できるだけ口臭のない日常を送りたいものですよね。


ポイント1
歯磨きをきちんと行う


口臭の原因で最も多いのが、食事をした直後やタバコやアルコール類による一過性のものです。

食べ物やタバコによる口臭は、きちんと歯磨きをすれば防ぐことができるので、それほど心配することはありません。

ただし、ニンニクやネギなど、においの強いものやアルコール類は、その場で口をゆすいで歯を磨いても、ある程度時間がたたないと、においは消えません。
また、タバコを常習的に吸う人は、ヤニと一緒ににおいが蓄積されていくので、特に念入りにブラッシングをしましょう。
いつでもすっきりさわやかな息でいるためにも、「その日の口の中の汚れは、その日のうちにとり除く」ことを心がけましょう。



ポイント2
朝起きたときに息がくさい


朝起きたときや空腹時に、なんとなく口の中が気持ち悪く、息がくさいと感じることはありませんか。
これは、唾液の分泌が少なくなっているためにおきる生理的なもので、たいていは時間がたてば自然に解消します。いつまでたっても息がくさく、口の中がネバネバしているようなら、何らかの病気が原因かもしれません。

原因としては、最も多いのが歯周病、ついで鼻、食道・胃などの消化器系、気管・肺などの呼吸器系の病気が考えられます。



ポイント3
歯石をちゃんととる


毎日しっかり歯磨きをしないと、歯石はたまる一方です。歯石がたまると、それが口臭の原因になることがあります。歯石とは、歯と歯ぐきの間についている、黄白色または黄褐色の石のように硬い沈着物です。

まだやわらかい歯垢(しこう)の段階なら、ブラッシングをしっかりすればとりのぞけますが、歯石になると歯ブラシではほとんどとれません。歯石のたまり方は人によって違いますが、できれば半年から1年に1回は歯医者さんで歯石をとってもらいましょう。歯石をちゃんととっていれば、歯周病の予防にもなります。



ポイント4
舌苔のお手入れをする

意外と忘れがちなのが舌苔のお手入れです。舌についたヌルヌルは歯垢と同じ成分で、そのままにしておくと口臭の原因になります。歯磨きのときにチェックして、ティッシュや舌苔用のブラシで取り除きましょう。

舌苔のおすすめのアイテム情報もご紹介します。

デンタルコラーデント情報はこちら



ポイント5
においに、あまり過敏にならないこと


最近の風潮として、においに敏感になりすぎるきらいがあるようです。特に若い女性に多いのですが、ほとんどにおわないのに口臭があると思い込む「自臭症」の人が増えています。

もともと人間(動物)にはいろいろなにおいがあるものです。それがまた異性をひきつけるフェロモンの役目もしているのです。においの好き嫌いには個人差がありますから一概にはいえませんが、あまり過敏になりすぎてそれがストレスになると、心の健康にもよくありません。


気になる方は自分で口臭チェックしてみてはいかがですか?
手軽な値段でカンタンにチェックできるアイテムが売られています。

0327.jpg

タニタブレスチェッカー情報はこちら
ラベル:口臭対策 舌苔
posted by いまい at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 口臭の予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

歯磨きと舌磨きをしっかりして口臭を予防!

歯垢や歯石がたまると、口臭の原因になります。
舌苔がたまりすぎても口臭の原因になります。

歯磨きをきちんとすることで、歯垢を取り除いて歯石にならないようにしていかなければいけません。
だ からといって、力任せにゴシゴシと磨いている人もいるようですが、そんな磨き方をしていては歯茎から血が出てしまったり、傷をつけてしまったり、良いこと などありません。

最初は柔らかめの歯ブラシを使って、優しくマッサージするように磨いていきましょう。歯と歯の間はしっかりと、汚れが落ちるように細かく 動かして磨きます。歯間ブラシを使うのもいいでしょう。舌苔を落とすための舌磨きも行いますが、これは舌苔の状態を見て行いましょう。毎回する必要はありません。

なぜなら、別な項でも述べているように、ある程度の舌苔は健康な状態でもついているものなのです。柔らかい歯ブラシや、舌専用のブラシを使って優 しく苔を取るようにします。


ポイント!

歯の磨きすぎ、舌苔の摂りすぎはよくありません。反対に口臭をひどくしてしまう場合があるからです。口の中を必要以上に清潔にしすぎると、唾液の分泌量が 減ってしまい、結果的に口臭がするようになってしまいます。過ぎたるは及ばざるが如しです。何事もほどほどにということです。

口臭で悩んでいる方に歯石や舌苔を簡単に落とせるアイテム情報が掲載!
口臭対策アイテム情報はこちらから!
posted by いまい at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 口臭の予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

口臭予防商品が売れている!

仲の良い友達とおしゃべりしているときに相手の口臭が気になるとせっかくの楽しいひとときが台無し。

でも、相手の口臭は指摘しづらいものです。も しかして自分もにおうのではないかと不安になったりしませんか。そう、自分のにおいは自分ではわからないものなのです。口臭が原因でコミュニケーションが うまくとれなかったり、ときとしていじめの原因になったりすることもあるようです。
最近、口臭についての関心は高まり、口臭予防商品が爆発的な売れ行きだそうです。

口臭で悩んでいる人はかなりいる様です。
口臭は口の中の病気が原因で発生するものが9割以上であり、全身疾患(内科的、耳鼻科的な病気など)が原因で発生するものは1割にも満たないのです。口臭 に含まれる不快なにおいの成分は20種類ほどありますが、なかでも揮発性硫黄化合物(きはつせいいおうかごうぶつ・VSC)は特有のにおいがあります。
 揮発性硫黄化合物は主に次の3種類のガスからなります。
・硫化水素(卵が腐ったようなにおい)
・メチルメルカプタン(生臭い、魚や野菜が腐ったようなにおい)
・ジメルサルファイド(生ゴミのようなにおい)


気になる方、口臭ケアアイテム情報をご覧になってはいかがでしょうか?

口臭改善特集!情報はこちら!
ラベル:口臭
posted by いまい at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 口臭の予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

口臭が原因でノイローゼになる事も!?

潔癖症の方が自分の口臭を気にしだすと、
少しの臭いでも気になり、相手との会話が疎遠になり孤立してしまう場合があります。

また、子供の頃に知人から「あなたの口が臭い」などを言われた場合、成人しても その事がトラウマになり、良き人間関係が形成できなくなる場合もあります。これほどまでに口臭は、人のメンタルな部分に関わる重要な事なのです。

また、結婚したくない異性の上位を占める理由のひとつに口臭があります。人は、相手を異性として見ると口臭が大きな影響を及ぼす場合があります。また ある調査によると男性の約7割、女性の5割の方が「たばこを吸わない人」が結婚相手に望ましいと回答しています。

口臭を予防する前に、まず口臭があるかどうかを自分で知らなければなりません。つまり、「自分には口臭がある・・・」と思い込むのではなく、客観的に自分の口臭について知る必要があるわけです。
今は口臭チェッカーと呼ばれる器具があるので、息を吹き入れたり、唾液を採取するだけで自分の口臭があるかないかを判断してくれます。口臭予防ではガム、タブレットが代表的ですが、毎日の歯磨きに口臭の原因が潜んでいるかもしれません。歯、舌の汚れも口臭の原因なのです。
口臭で悩んでいる方におすすめのアイテムをご紹介致します。

口臭改善アイテムはこちらから
ラベル:口臭 男性 臭い
posted by いまい at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 口臭の予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

口臭が気になる方に原因と予防法

私達が感じる体臭の中で特に気になるのが【口臭】だと思います。

口臭の原因は殺菌効果もある唾液が減少して、口内の雑菌が繁殖し口臭を出してしまう原因の他に、歯肉が炎症を起こして口臭を出す歯槽膿漏、歯周病、虫歯の歯に食べかすが詰まって雑菌が繁殖して起こる口臭、舌の上の雑菌が胃炎や発熱で繁殖して口臭となる症状の舌苔、消化不良やストレスによって胃腸にダメージが生じ、毒素が発生する事で口内までガスが行き渡り起こる口臭など、口臭には多くの原因が存在します。

さらに口臭はアルコールやニンニクなど、一時的に口臭を発生させる刺激の強い飲食物を摂取した時にも発生するので、日常生活の中では常に発生しやすいので注意が必要です。

口臭は私たちの中で身近に起こる体臭のひとつ。

原因は様々ですが、そのほとんどは日頃の正しい防止方法で軽減する事ができます。


口臭の大きな原因に「だ液の不足」がありますが、これは高い殺菌作用を持つだ液が不足する事で、口内の細菌が繁殖して口臭となるもの。
朝起きた時や空腹時などは特にだ液が少ないため、口臭を感じた方も多いと思われますが、これは「生理的口臭」と呼ばれ、誰にでも起こる口臭。

大抵は不快感を与えるほどの臭いにはなりませんし、一時的なものなので防止や予防の方法を考える必要は無いと思います。

ただし、免疫力の低下やドライマウス、ストレス、睡眠不足、不規則な食事、早食い、絶食(過度のダイエット)、加齢などの、だ液の分泌が減少する事例を常に抱えている場合は口臭が慢性化しているほか、歯槽膿漏や虫歯を促進させて口臭をさらにひどくしている可能性がありますので、予防・防止方法を考えた方が良いと思います。


口臭・体臭を防止するには、自分の症状に合った予防方法を行う事が大切。

唾液の減少が口臭の原因である場合は、
規則正しい睡眠を取る・食事はゆっくり噛んでだ液の分泌を促す・食事の量は適量を摂取する・だ液を減少させるアルコール、タバコ、コーヒーの摂取を控える・ストレスの発散法を考えるなどの予防方法があります。

思い当たる生活態度があった場合は、積極的にこれらの予防方法に取り組んでみましょう。

また、雑菌の繁殖を招き、口臭の原因となる虫歯や歯槽膿漏は、正しい歯磨きを徹底する事で予防できます。

しかし既にこれらの症状を患っている場合は、すみやかに歯科へ行き治療した方が早く治ります。


また、体臭は病気が原因でない限り、ほとんどはこまめに清潔を保ち、脂分の多い食事を減らし、睡眠をしっかり取ってできるだけリラックスした生活を送ることで体臭の予防・防止方法となります。


また今は口臭防止、予防の為のアイテムもありますので、それらをうまく使って口臭予防する事をおすすめします。


口臭を気にしすぎるあまり、【自臭症】という精神的・心理的な病気になってしまいます。ひどい場合、口臭があると思い込み、閉じこもって社会生活を送れなくなる例もあります。

適切な口臭予防で、ストレスの無い生活を送ってください。
ラベル:口臭い 口臭
posted by いまい at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 口臭の予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

マウスエチケットをこころがけよう。

日本が経済的に豊かになるにつれて、口臭を気にかける方が増えてきました。

男性の場合、仕事などの中間管理職の立場の方が多いと思われます。
また、女性の場合、最初に気になる年代は、10代の半ば頃、いわゆる思春期の頃です。
そして、
口臭が気になる方は、相手の口臭では、なく自分の口臭が気になる場合が多いのです。
おしゃれをしてきれいに着飾っても 口臭があると...お口のエチケットも心がけましょう。


口臭予防のポイントとは?

歯にこびりついている歯石。毎日、歯みがきしている方でも完全に歯石を取り除くことは、不可能です。歯垢は、1〜3ヶ月ほどで歯石になります。

歯石を完全に取るには、定期的に歯医者に行くことをオススメします。
歯石ができるサイクル内で行くことができればいいでしょう。歯垢が多く付着している場所は、歯と歯のかみ合わせの部分と歯と歯の間・歯と歯茎の境目などです。

尚、歯石のチェック方法は、歯垢染色液を使用します。歯みがきの後、この歯垢染色液を口に含んだあと吐き出して歯の周りをチェックしてください。歯垢が残っていると赤く染まっています。歯垢染色液は、薬局などで販売しています。


水分補給はしっかりとしよう!
水分補給をこまめにおこなうと唾液の分泌が多くなり 口臭予防になります。それは、だ液が減り口の中が乾くと口の中に細菌が増える為です。だ液は、口臭予防に大切なのです。水分を補給する場合、水が一番いいでしょう。逆にお茶などは、だ液の分泌を抑えてしまいます。


舌の汚れをとろう!

舌の表面に汚れや舌苔が残っている場合、そこから口臭が発生します。この汚れや舌苔を取る方法は、やわらかめのタオルなどを利用して舌のかるく奥から手前に3、4回軽くふき取ります。(3,4回で以内で抑えましょう。これ以上おこなうと悪影響がでる場合があります)
これだけで舌からの口臭を防ぐことが可能です。舌苔は、寝ている時に作られますので、起床時に舌苔をふき取れば効果があります。


朝食をとろう!

朝食をとることをオススメします。なぜなら、朝、食事をするとだ液の分泌の量も増え、午前中の口臭予防にもなります。ですが、食事のとき ちゃんと”噛む”ことを意識しましょう。噛む回数を増やすことによって だ液の分泌量が増えるからです。


毎日気を付ける事で、口臭は良くなってきます。
また口臭予防のアイテムを使う事で、効果的に予防ができます。
口臭予防アイテム情報はこちらから
http://taishu0.karou.jp/
ラベル:口臭予防 口臭
posted by いまい at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 口臭の予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。