記事の内容が良かったら「ポチ」をお願い致します。
blogram投票ボタン

体臭、口臭を抑えたい。改善したいと思っている男性の方におすすめの商品があるサイトです。 ↓↓
体臭・口臭改善ショップ>

2010年03月17日

メタボを気にする人は7割にものぼっている!!

みなさん こんばんは。
MENS SELECT SHOP店長のいまいです。

しばらくこのブログが更新されておらず、久々に行いました。

普段はこちらのブログを更新しています。

メンズ通販アイテム情報満載!MENS SELECT SHOP店長ブログ


こちらのブログはビジネスマンの必須のワイシャツやネクタイ、財布、バッグ等お買い得情報を中心にスーツのカッコいい着こなし方等もご紹介しています。



話はちょっとそれてしまいましたが、


昨年4月にスタートした「メタボ健診」(特定健診・特定保健指導)の義務化から1年。

この間、国民のメタボ対策への関心がますます高まっていることが、江崎グリコが、3月に全国の20〜50代男性 600人を対象に行ったインターネット上の意識調査で浮き彫りになりました。


全体の68%が、健診以前に比べて
「メタボをとても意識するようになった」
「少し意識するようになった」と回答。


特に30〜50代では70%が「意識する」
と答えており、年齢が高いほどメタボに関心が高いことがでています。

また、運動や食生活の改善などを「している」と答えたのは20代、30〜50代とも80%を超えています。

さらに、7割弱が「本気でメタボを解消したい」と回答している一方、その対策として
「飲食・カロリーコントロール中心派」は35%、
「定期的な運動中心派」は12%。
また、両方を実践している人の割合は18%、なにも実践していない人は36%を占めた調査結果です。

意外にも何もしないと思われていた20代の男性の意識が予想以上に高いことがわかり、この問題への国民的認識が出てきていることが証明されています。

もう今やメタボリックを解消する事は必須の様になってきていますね。

一番良いのがカロリーを調整しながら適度な運動をするのが一番なのですが、仕事で疲れてついつい運動不足に・・・・。


モニターの前で1日に何時間も同じ姿勢で座り続けたり、交通網、移動手段が発達し、生活が便利になった反面、1日に歩く時間は極端に短くなったり、健康を維持するための適度な運動が少なくなっています。

このような生活習慣の中で偏った動きや姿勢をしていると、からだの奥深くにある、からだを支えるはずの『腹横筋』が働かずにゆるんでしまい、『水ふうせん』のような状態になってしまいます。

そして、重力により内臓は下にさがり、『下腹がポッコリ』してしまいます。
『下腹ポッコリ』になるということは、からだの重心が前に移動します。

そして、からだは、重心が前に移動してしまったからだを維持、安定させようと、背骨を曲げて姿勢を調整するのです。
こうなるとお腹まわりはゆるゆるのため、いわゆる太りやすい状態となってしまうんです。

サイクルツイスタースリム
は、ローイング動作の際に生じる腰のツイストがはいる為、この動きにより普段、姿勢の保持には使われるが、運動にほとんど使用されない腰部、腹部の筋肉を効果的に使用でき、鍛えることができるのです。
また軽い負荷で大腰筋を中心とした下半身の筋肉を鍛えられ、メタボリック症候群、生活習慣病予防に、健康的なエクササイズが可能となります。

メタボリックでお悩みの方、是非こちらの情報をご覧になってみてはいかがですか?

メタボ対策におすすめ「サイクルツイスタースリム」情報
posted by いまい at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | メタボ解消方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。